幸せな夫婦

最も有名なED治療薬というと、バイアグラがあります。
世界中の方が愛用していることでしょう。
ですが、実は食事との併用で効果が半減してしまうなど使いづらい点もあり、そんなデメリットを解消する形で生まれたのがレビトラという薬で、日本でも第2のED治療薬として認可されていますから試してみてください。
お値段の高さをネックとしているのであれば、ジェネリック医薬品がおすすめです。
同じく有効成分がバルデナフィルなので効果効能は同じで安価です。

ジェネリックは日本では処方されていない

できれば安全性の高い日本版ジェネリックが欲しいところですが、今のところレビトラジェネリックは日本では処方されることはありません。
なぜならまだ特許期間にあることから、もしも作ってしまうと法律違反になるからです。

とはいえ、バリフなどレビトラジェネリックはあります。
こちらはインド製のもので、インドの法律ではそういうことが可能なので、特許を無視したインド版ジェネリック医薬品というのはレビトラに限らず数多くあります。
コピー版レビトラといった扱いになるので日本では今後も流通することはないでしょう。
もしも試してみたいというなら個人輸入代行業者を通じてバリフを通販サイトから取り寄せるのがおすすめです。

正式ではないとはいえ、同じようにバルデナフィルが配合されています。
バイアグラよりも即効性があり、空腹時だと15分から20分程度でEDに効果が出てくるという点でも同じです。
血管拡張作用によって陰茎周辺だけでなく体中の血管が充血するため、顔の火照りや頭痛・動悸・鼻づまりなどの副作用が服用者の9割以上に出てきてしまいます。
硝酸剤は併用禁忌とされており、含まれているニトログリセリンなどを服用してしまうと血圧が下がりすぎて死の危険さえあります。
レビトラと同じく効果も副作用もあるため、注意して服用するようにしましょう。

ちなみに、レビトラを製造販売しているのはバイエル薬品株式会社というところです。
新薬に特許期間があるのは、その間に研究開発や広告宣伝にかかった膨大な費用を少しでも回収できるようにというためです。
それなのに、勝手にインドでバリフが作られているのですから黙ってはいられません。
戦った結果、ついにバイエル側の主張がインドの裁判所に認められ、製造停止が決定したのです。
今すでに作られているものを販売することはできますが、もう製造されることはありません。
もしもバリフがどうしても使いたいというのであればまとめ買いしておくことをお勧めします。
駆け込み需要によって、どんどん減っていっていて残されたものを大勢で取り合っているのが現状です。

ただ、その他にもビリトラやサビトラ・ジェビトラなどさまざまな会社でレビトラコピー版は作られていますから、安心してください。
そのうち特許期間が終わったら日本版ジェネリックも出てくるでしょう。

定番人気のレビトラは通販でお得に購入

インドで作られているからといってわざわざインドまで出かけていく必要はありません。
最近ではインターネット環境さえあれば、通販で自宅にいながらにして購入することができるのです。
自宅にきちんと届けてくれるのでEDクリニックに行く必要は無くプライバシーが守られます。
海外の品とはいえ、輸入に関する諸々の手続きは代行業者でやってくれますから、普通の通販ショッピングとなんら変わりません。

とはいえ、家具や家電と違って身体への影響の大きな薬を手に入れるのですから、くれぐれも信頼できる代行業者を選ぶようにしてください。
もしも何かトラブルがあったとしても自己責任です。
インターネットの世界だと偽物も多く出回っています。
偽物をつかまされなくとも、外国の言葉でかかれた説明書だからとろくに読みもせず、自己判断で使っていると危険はいっぱいあります。

通販購入は他にもメリットはいっぱいあります。
まとめ買い可能だからたっぷり買いだめしておけて注文の手間さえ省けます。
レビトラだと1錠辺り10mgなら1500円、20mgなら1800円くらいしてしまいます。
それがジェネリックとなると半額以下で手に入ります。
安いところになると1錠辺り200円というところもあり、もちろんお値段だけで選んでいると危険ですが、お値段も安価でその上信頼性も高いというサイトだって探せばあります。
セックスを考えるたびに1800円というのは辛いけれど、200円なら気軽に試せます。
ED治療薬を使ってみたいというならぜひ通販も考えてみてください。

薬を手に入れるとはいえ、個人輸入代行業者を通じての購入であれば処方箋は必要ありません。
医師の力を借りる必要はないのですが、もしも服用することで何らかの症状が出てきたときには早めに相談するようにしましょう。
偽物を勝手なやり方で服用してしまったからこその症状ですが、自己責任ですよと放っとかれることはありません。
医師は困っている患者さんがいればきちんと診てくれるはずです。

同じ有効成分を使っているとはいえ、それぞれのジェネリックならではの特徴や自身との相性というのもあります。
バリフでないとと決め付けず、いろいろと試してみてください。
200円程度なら家計を気にする必要もありません。

使用方法・副作用を理解して楽しいセックスを!

レビトラの有効成分はバルデナフィルと言います。
こちらが水に溶けやすく吸収されやすいという性質のため、レビトラの売りは即効性となっているのです。
もちろん、同じくバルデナフィルが有効成分である以上、バリフなどのコピー版もあっという間に効果が出てきます。
空腹時であれば性行為の15分から20分程度、そうでなければ1時間程度前に服用するようにしてください。
そこからずっとと言うわけではなく5時間程度の間、効果が続くはずです。

勃起に関係するのが環状グアノシンーリン酸で、男性器を刺激すると形成され、海綿体の筋肉を弛緩させることから血液が流れ込むのです。
ただその働きを阻害する酵素5-ホスホジエステラーゼがあり、これが環状グアノシンーリン酸を分解してしまいます。

ED治療薬は5-ホスホジエステラーゼの働きを妨害する力を持っています。
効果が続いている間は環状グアノシンーリン酸は本来の働きをすることができます。
勃起が全く出来なかった方も途中で萎えてしまっていた方も、満足いく性行為ができるようになるでしょう。
男としての自信も回復し、パートナーとの関係も円滑にたもたれるはずです。

食事によって効果が半減してしまうというバイアグラ、それほどではないにしろレビトラもできれば軽めの食事に留めておいたほうがよいでしょう。
脂分たっぷりのご飯をたっぷり食べているとどうしても吸収されづらくなります。
できれば腹7分目程度あっさり目のものを、本当は空腹状態での服用こそがベストです。

一気に血管が拡張されるため副作用は出るものと思っておいてください。
ただし、効果が薄れてきて血管が元に戻ると症状は落ち着きます。
後遺症が残るようなこともないのでそれほど心配しなくともいいでしょう。
いつまでも収まらなかったり強く出てくるのであれば医師に相談しましょう。
頭痛が出やすいのであれば市販の頭痛薬との併用は可能です。
ただし、頭痛薬の方は食後の服用とされているものが一般的、胃に負担をかけないためにも頭痛薬のために少し食事を取った方が良かったりします。

意外なところで、グレープフルーツの併用が危険だったりします。
まずはレビトラを医師に処方してもらうようにしてある程度の知識を身につけ、それからあとはジェネリック医薬品を試すと言う流れにした方がよいかもしれません。